アイキララがアットコスメでの口コミが悪い原因は??正しい使用法と全額返金保障でお試しで使ってみよう!

アイキララには全額返金保証というものがあります。

アットコスメというサイトをご存知でしょうか??このサイトは日本最大のコスメ・美容の総合サイトです。ここでは、商品情報や口コミをチェックしたりできます。化粧品を買う前などはアットコスメで口コミなどをチェックしてから買うということも多いですよね。


アイキララは、アットコスメでは残念ながらあまり良い評価をもらえていないんです。


アイキララ使用者にとってはなんでー??と聞きたくなりますよね。実際にしっかりクマが取れた人からしたらなんでこんなこと書かれているだろと思います。悪い口コミを書いた理由はもちろんアイキララを使用してみて、思ったような成果が出なかったというところにあります。

アイキララを使ってみて、せっかく長期間で購入したのに効果が出ていない人にはある共通点があります。

アイキララを使ってみていまいち効果がでない原因


1.使用法が間違っている

2.継続して使用できていない

3.生活習慣が悪い




まずはアットコスメに掲載されている口コミを見ていきましょう


星イラスト.jpgアットコスメの口コミ


・長年の黒クマ持ちでこちらの商品は黒クマに効果あると聞いたので3ヶ月続けました。
効果は全くありません。

・10本使いました。それでも効果はなし。もう二度と使いません。

・黒くまに悩んでいた際、1ヶ月ほどお試しで使ってみたのですが、私には残念ながら効果がありませんでした。たるみからのくまには効果が薄いだけで、乾燥からくるくまや、血行不良が原因のくまには効果があるのかもしれません。(私と相性が合わなかっただけ?)ですが、使い心地はしっとりして、いつものスキンケアに一手間加える事で乾燥からくるシワだとかには作用してくれていた気がします。他のアイクリームにはない注射器のような容器は、場所もとらないし、きっかり1ヶ月分だったので、この容器の作りはなかなかに好きでした。ただ、私個人としてはリピートは難しいと思います。

・長年悩んでいたクマ解消に使ってみました。2本使いましたが、全く効果なしでした。
小じわも若干増えたような・・・。注文するときに3本購入するのが一番お得です、という画面が出るので思わず3本購入してしまい、後悔です。あと一本残っているので、塗るだけ塗ってみようと思います。

・リピートはなしですね。合わないというか、効果を感じることが出来ませんでした。
うーんって感じです。期待していたので、ガッカリ。


アイキララのアットコスメでの評価を見てみるとこのような悪評が多く見受けられました。なぜアイキララを利用してこのように悲惨な結果になってしまったのでしょうか?


このように使ってみてうまくいかない人がたくさんいる中で、実際に使用してみて成功している人もたくさんいます!アイキララを効果的に使うためにもこうなる原因を書いていきます。


花 イラスト.pngアイキララを効果的に利用できなかった原因


数字の1.pngアイキララを正しく使えていない

アイキララはただただ目の下のクマに塗ればよいというわけではありません。しっかりとした効果を出すにはそれなりの使い方をしなければなりませんよ。


まず、アイキララを使用するのは朝と夜の二回です。朝は起床後が目元が乾燥しているのでその時に塗ると効果的です。夜は風呂を上がった後に使用するのが最も効果が出やすいです。まずはこの朝と夜の正しいときにアイキララを使ってみるということをしたほうが良いですね。


また、もし時間や労力に余裕がある人であればアイキララを使用する前に洗顔やマッサージをしたり、化粧水をつけておくのも効果的です。

数字の2.png継続して使用できていない

継続は力なりといいますが、これはアイキララに当てはまることです。朝晩やしっかりアイキララを塗っていても3日坊主で終わってしまったり、仕事が忙しいとかで一日ぬかしてしまったりすると効果が半減してしまいます。しっかりと毎日使うようにしましょう。継続して利用していればきっと効果が出始めてくるはずです。

数字の3.png生活習慣が悪いのでどうしてもクマができてしまう

アイキララはもちろん目の下のクマを治すのに優れた商品です。しかし、アイキララだけでもどうにもならないことがあります。頑張ってアイキララを使っても、毎日睡眠時間が短かったり、食生活が乱れていたりするとどうしてもアイキララだけではクマを落とせないです。このようなことにならないように、アイキララだけに頼るのではなく、普段の生活習慣にも気を配りましょう。


この三点に気を付けてアイキララをしようすると、アイキララの効果を存分に利用できます。ぜひ実際に使ってみて、今あげたことを気をつけて目の下の悩みをなくしていきましょう。


星イラスト.jpg正しい使い方をした人たちの口コミ


皮膚が薄く、長年、目の下のクマに悩まされてきました。しかも、ここ何年かは目の下の皮膚の窪みも気になってきていて、蛍光灯の下で見ると、くっきりとクマが目立ってくるようになってきていました。アイクリームはポーラのBAなどの高価な物を幾つも試してきましたが、シワには効けど、たるみに効果を感じることはあまりありませんでした。クマ、目の下のたるみ、でネット検索をしてみたところ、このクリームを見つけました。ただ、アフィリエイト目的のブログの書き込みばかりで信憑性はどうなんだろうと、疑問に感じました。でも、価格も百貨店ブランドよりはずっと手頃だったので、試しに購入してみることに。最初は他のクリームとの違いが今ひとつ分かりませんでした。(使用感はこってりしすぎないクリームといった感じでした)ところが、使用を初めて約3週間経った昨日、出掛けた美容室で自分の顔を鏡で見たところ、目の下のクマがほぼ消えていました。毎回同じ場所の席なので、間違いないと思います。思えば、最近、お化粧をするときにも、以前のような目の下のたるみが気にならなくなったような。私のように皮膚が薄くて目の下の凹みからくるたるみが気になる方や、血行不良による青クマが気になる方は、このクリーム、オススメです。最初は他のクリームとの違いがよく分からないのですが、とにかく、一月、使ってみてください。おそらく、この商品は、血行促進の効果が高いのだと思います。


使用して2か月経ちます。以前から目元のクマが気になっていて、元々皮膚も薄いためか、茶クマと青クマが併発しているような状態でした。効果を実感してきたのは使い始めて2週間後。目の下がふっくらとしてきて、彼氏からも「なんか顔が変わった?明るくなったね」と言われました。1か月すると、生まれつき平坦な目の下に涙袋らしき自然な張りが出てきました。効果そのものは体調や月経周期の関係もあると思います。どうしても生理前は目元の効果も実感しにくいです。。また茶クマは薄くなってきた気がしますが、青クマはまだ少し気になります。しかし良い変化を実感しているのも事実なので、十分な睡眠や水分補給などトータルで体調管理しつつ今後も続けていこうと思ってます。

目の下のクマ、たるみに悩んでいてずいぶんいろいろな商品を使用しましたが、やっと信頼できるものに巡り合えました。
まず使った翌日からあきらかにしわの部分に水分を保持している感触があり、日を追うごとに細胞から活性化されてきたようなハリ感を実感しました。それで1本使い切ったところでリピートしようと申し込んだところ、注文が予想以上に多くて生産が間に合わないとのこと、、。ひそかにそんなに人気だったとは知らずびっくりしたのですが、私のまわりの友人は商品の名前すら知らない人が多いのです。

花 イラスト.pngまとめ

・アイキララを正しい使用法で使おう!・・・使うのは朝と夜の二回。洗顔やマッサージ、化粧水をつけるのも効果的です。

・継続して使用しよう!・・・継続は力なりです。毎日欠かさず使いましょう。

・アイキララを使うだけでなく生活習慣も整えよう!・・・アイキララを使っても、睡眠不足や食生活の乱れがあるとどうしてもクマはできてしまいます。しっかりと生活習慣のケアもしましょう。


もし、これからアイキララを使うのに不安に思う方がいれば、買って失敗しないための全額返金保証アイキララを購入してみたけど、効果がいまいちでなかった。というときに商品代金をすべて返金できるというのが全額返金保証です。この仕組みのおかげで、これからアイキララを使い始めてみようかなという方はリスクなく始めることができますよね!


星イラスト.jpg全額返金保証を受けるための購入方法


全額返金保障ありなし.png

参照:アイキララ


表を見ればわかるようにお試し定期コースか、単品一本での購入の場合のみ返金を受けられます。基本コースと年間購入コースでの契約の場合だと返金保証がうけられません。お試し定期コースは毎月一本届くコースになっていますが、一本目ですぐに解約すれば二本目が来るということもないので安心して契約してしまって大丈夫です!

星イラスト.jpg全額返金保障を受けるための条件


15日以上アイキララを利用した。

お試し定期コースか単品一本での購入

25日以内の申請


これらをクリアすれば全額返金保障ができます。送料と手数料は自己負担なので注意しましょう。


花 イラスト.png全額返金保障のまと

・まずはお試し定期コースでアイキララを申し込む

・次に15日間利用してみて、自分に合わないなと思ったらアイキララへ問い合わせする

・お試し定期コースの解約と、全額返金保証の申請

・アイキララの商品代金が振り込まれる


この記事へのコメント